中規模市場の輸送綿棒におけるトップ製造業界の規模、成長、分析、および 2030 年の予測

世界中の COVID-19 の症例数の驚くべき増加と、検査室ベースの検査インフラストラクチャの不十分さは、新しい綿棒とウイルス配信メディアの使用を促進する重要な要因です。さらに、政府機関は、より迅速に公開市場に参入するために、市場での製品のより迅速な承認を求めています。これらの傾向は、パンデミックが終わるまで綿棒とウイルス輸送メディア市場をサポートします。

2020 年から 2030 年までの予測期間中、綿棒およびウイルス伝達メディア市場は、1.2% の複合年間成長率でゆっくりと成長すると予想されます。感染症の発生率の増加と人口密度の高い都市での大規模な成長により、綿棒とウイルス送達媒体の需要が高まっています。流行が終息した後も、精度の向上、結果の迅速化、使いやすさの革新は、業界へのサポートも提供します。
「2020 年の初めに、米国 FDA は、コロナウイルス検査に合成綿棒を使用することを承認しました。これにより、潜在的な患者が自分自身をテストできるため、医療専門家へのウイルスの暴露を最小限に抑えることができます。さらに、製造業者は、COVID-19診断の高まる需要を満たすために、ポリエステル綿棒を精力的に開発しています」とFMIのアナリストは述べています.
主要な綿棒およびウイルス転送メディア メーカーは、世界的な巨大な需要に追いつくのに苦労しています。政府の資金提供と財政支援にもかかわらず、生産者が増産に努めても、不足は市場に影響を与える可能性があります。さらに、COVID-19 のテストに使用される綿棒には、独自のデザインと素材が必要であり、市場の見通しに影響を与えます。
プラスチックや試薬などの原材料のサプライ チェーンの混乱は、病院や診療所での綿棒やウイルス輸送媒体の入手に影響を与えています。したがって、政府は、テストの需要の高まりを満たすように製造リソースを指示しています。一方、COVID-19関連製品の高い需要は、他の病気の綿棒やウイルス輸送媒体に影響を及ぼし、それによって市場の成長に影響を与えています。パンデミックを制御することは、コロナウイルスの発生前に需要のレベルを維持するために重要です。
分散綿棒およびウイルス転送メディア市場のトップ メーカーは、新製品のリリースを推進しており、新しい収益源を生み出すために生産能力の増強にも投資しています。
Huida Medical は、医療機器と消耗品の専門サプライヤーとして、お客様に輸送用綿棒の器具や機器の総合的なソリューションを提供するだけでなく、プラスチック製の実験器具の実験用消耗品を追求するだけでなく、あらゆる種類の高品質の製品と関連サービスを提供することができます。 . 詳細については、お問い合わせを送信してください。


投稿時間: 2021 年 6 月 2 日